レイクにしようか迷ってる…借入先選びなら
> > ブラックはレイクで借りられる?と思った際に確認しておきたい事

ブラックはレイクで借りられる?と思った際に確認しておきたい事

カードローンでもそうですが、借り過ぎていて返済に問題があると、現代ではサクッとブラックリスト入りしてしまうものです。

そんな人が世の中にはいるので、ブラックはレイクで借りられる?と思っている人も多かったりします。

また、曖昧な知識で対応してしまうと、レイクだけでなく、他のサラリーマン金融でも借りられない場合が多いので、最低限の知識を得ておく必要もあります。

ブラックリスト入りしても借りられる

ブラックになってしまうことを、今ではブラックリスト入りと言います。

ですが、ブラックリスト入りしてしまうというのは、イコール借りられない・・・という意味ではありません。

近年では、ブラック専門の業者も存在するので、レイクのようにチャンスが存在する業者は複数存在するのです。

しかし、ブラックリスト入りしてから、カードローン審査には受からなくなったという人もいるはずです。

どうしてカードローン審査に受からなくなったのか?についてですが、主に考えられる理由は以下の通りです。

  • ブラックリスト入りが解除されていない
  • 借入に制限がかかっている

あまり聞き慣れない「解除」についてですが、以下のようなルールで解除されるかどうかが決まっています。

1.期限満了とはなっていない

ブラックリスト入りにも期限は存在します。比較的ペナルティが軽いものでは3ヶ月ほど。ただ、3ヶ月間経過しても貸せないケースもありますので、半年ほど様子見をしたほうがいいでしょう。

2.連続で審査を行っている

カードローン審査を複数の業者で同時に行うことは可能です。

今では、インターネットのサービスに存在するので、ブラックリスト入りしてしまっている人は、「どこかで滑り落ちないか?」という気持ちで利用している人も多いです。

ですが、これは「印象を悪化させるだけ」なので利用してはいけません。銀行だけでなく、サラリーマン金融でも相手の印象を今では重んじています。

このように借金苦のために借金をされている印象の場合、どうしても審査では受かりづらいのです。

また、業者側も執拗な審査をしてくる相手に対しては、「期間を隔てる形でブラック(仮)」のような扱いをしてきます。

特にレイクのような優しいサラリーマン金融であればいいのですが、銀行カードローンの場合は、即ペナルティが課せられることもあるので注意してください。

ブラックというのは業界の専門用語

あまりインターネットでは見かけませんが、そもそもブラックやブラックリスト入りという単語は存在しないのです。

元々は、業者側で使われていた用語に過ぎないからです。

例えば、借入の際に返済が遅れてしまっている相手に対して、「この相手はブラックかも知れない」という形で利用されていました。

ブラックというのは、将来的にお金を貸し続けるのが難しい相手のことです。

しかし、カードローンを利用される人の中には、最初から「返す意思も予定もない人」も存在するので、完全に区別をするためにブラックという単語が使われるようになりました。

近年になって知られるようになったブラックですが、個人信用情報機関でブラックという扱いが存在するため、それが流通するようになり多くの人に用いられるようになっただけです。

なので、レイクなどの業者に対して、「ブラックに関する質問」を行っても回答などはいただけないことが多いです。

業者のほうでも、積極的にブラックという単語を使いまわしているわけでもなく、また個人情報なので質問には対応できないのです。

ブラックリスト入りしても半年以内で使えることもある

先ほども案内しましたが、ブラックはレイクで借りられる?と悩んでいる人でも、状況次第では借りられる可能性が存在します。

その理由ですが、ブラックというのは前述のとおりで詳しい内容がハッキリとしていないからです。

人によっては、非常に軽度なレベルのブラックもいますし、ブラック一歩手前の人もいるからです。

先に案内しておきますが、ブラックのみカードローン利用が制限されるわけではありません。

以下のようなカードローン申込をされた方でも、同じようにブラックに近い制限を受けます。

  • 複数の業者でカードローン契約を行っている
  • 不審な業者でカードローン契約を行っている
  • 申請の際の情報に誤りが多い

上記についてですが、詳細については以下を参考にしてください。

1.複数の業者でカードローン契約を行うのはトラブルの元

今では知っている人も多いのですが、「銀行は4件未満、サラリーマン金融は5件未満」までしか、借入件数を認めていません。

つまり、借入金額が少なかったとしても、このような状態ではカードローン審査を通らないのです。

2.不審な業者は高確率で審査に引っかかる

不審な業者とはヤミ金などのことです。前述しましたが、今では個人信用情報機関にて個人信用情報が登録されています。

つまり、過去にヤミ金とトラブルがあったが、今では解消している・・・という状態でも良い評価には繋がらないのです。

一応、ヤミ金であっても営業許可を得て営業されている業者は存在します。ついついお金を広範囲で借りていると、このようなトラブルに巻き込まれやすいので注意してください。

3.申請の際の情報に不備があってはいけない

具体的な情報は「氏名・住所・お勤め先・借入金額(件数)」とされています。これらの情報に不備があった際は、物理的に審査も止まってしまいます。

本人が訂正をしない限りは審査が進行しませんので、現在の自分の借入に関する情報は正確にメモをしておいたほうが良いです。

また、お勤め先についてですが、過去に勤めていた企業で登録情報が見当たらない場合は、情報の不備として扱われます。

企業によっては長期で保存されているのですが、それとは逆に短期間で情報を抹消する企業も存在するので、確認不足があると面倒なことになるのです。

同業者に対して迷惑をかけてはいけない

こちらも最近になって知られるようになりました。

レイクだけでなく、同業者内で悪い評価が下っていると他でも借りられないというトラブルに巻き込まれやすいのです。

主に以下のような形でカードローン申込をされていると、この類のトラブルが発生しやすいです。

  • 過去に行った契約で金融トラブルを起こしている
  • 返済で長期の遅延が発生し放置している
  • 申込の際のお使いみちが殆ど借金返済ばかり

先ほど、ブラックはレイクで借りられる?という悩みを抱えている人でも、期間を開けて正しく申込をすれば借りられる・・・と案内しましたが、さすがに上記の条件をどれか1つでも満たすようであれば審査に落ちてしまいます。

疑問に思うかも知れませんが、今では「個人信用情報機関を介して審査を行っている」からです。

個人信用情報機関とは、CIC(シー・アイ・シー)が特に有名ですが、主に個人信用情報を総括している機関です。

なので、サラリーマン金融Aでトラブルを起こしていると、その情報を確認して審査を行っているサラリーマン金融Bでも、同等の評価が下りやすいのです。

個人信用情報機関は「本人であることの証明」が出来ていれば、業者以外でも開示することが可能です。

なので、中々カードローン審査に受からないという場合は、先に個人信用情報を確認しておくのも大事とされています。

後、何度も借金返済でカードローン審査を受けるより、「借換カードローン希望」で審査を受けたほうが良いです。

銀行やサラリーマン金融では、「借換に対して積極的な傾向にある」ので、借金返済目的の人が今では駆け込むようになっています。

しかも、借換カードローンには以下のようなメリットもあるので、他のカードローンよりお得な場合が多いです。

  • 金利が優遇されることが多い
  • 借入額の限度額が100万円~200万円とかなり融通が利く
  • インターネットから審査の申込が可能

これだけではなく、さらにサラリーマン金融によっては「キャンペーン」も開催していることがあります。

金利が優遇されるだけでなく、人によってはキャッシュバックや、豪華賞品を受け取ることができるのです。

銀行では金利優遇に力を入れていて、サラリーマン金融ではキャンペーン全体に力を入れているという状況です。

重いブラックの人は扱いがまったく違う

そもそもブラックというのは、重いブラックか軽いブラックかは簡単にチェックする方法があります。

それは、カードローン審査を行ってから、直ぐにカードローン審査の通知が送られてきたかどうかで判別可能です。

遅い場合にはブラックは軽度だと思ってよいでしょう。

ですが、あまりにも直ぐに結果が通知されてくる場合は、重度のブラックだと思ったほうが良いです。

どうしてこれだけで判別できるのか?というと、業者側もリストアップをして審査を行っているからです。

リストアップされている氏名と一致する場合、ブラックリスト入りが完全に完了している相手なので、時間にして30分も経たない内にメールなどで通知が送られてきます。

メールの内容としては、「今回はカードローン審査のお申込みありがとう御座いました。申し訳ございませんが今回は期待に応えられない・・・」という内容が多いです。

早い話が、カードローン審査そのものに問題がある相手なので、審査を続行することが不可能という意味です。

逆に軽度でも落ちてしまった場合だと、「見直しに関する連絡、もしくは他のプランの検討」に関する連絡が添えられていたりします。

見直しに関する連絡ですが、主にローンで返済を終えていないものを返済していただけると、次回の審査では通る可能性があることを示唆しています。

レイクでもそうですが、今ではサラリーマン金融全体の利用者というのは、昔より減っているような状況です。

そのため、折角審査を行ってくれた相手であれば、なるべく審査に通してあげたい・・・という気持ちもあるのです。

特に評価で悪いところもないが、現在はちょっと審査では厳しい結果になった場合は、このような手心を加えたメールが通知されてきます。

よく業者からカードローンの勧誘メールが送られてくる場合も、そのような理由があり送られてくると思ってよいです。

他のプランの検討ですが、銀行カードローンでは非常に多いです。

銀行の場合、金利優遇なしのローンで審査を受けることを勧めてくることが多いです。

他行やサラリーマン金融と提携している銀行も今では多いため、このようなアプローチがあるようであれば、審査結果はそこまで悪くなかったと見て問題ありません。

ブラックから解除された際のローンテクニック

カードローンのブラックから解除された際ですが、なるべく銀行ではなくレイクのようなサラリーマン金融で借りるほうが良いです。

というのも、銀行では「まったく借りられない」場合が多いからです。

実際に銀行で借りようとされた方は、クチコミでもあまり良い結果ではなかったと報告しています。

借入額では10万円以上の差が発生することも多いので、安易に銀行カードローンで組もうと思わないほうが良いのです。

サラリーマン金融の場合、銀行と比べてノウハウがしっかりとしています。

昔からブラックでも借りられる?という人を相手にしているので、ブラックリスト入りから解除されている相手であれば、寛容な姿勢でカードローン審査を行ってくれるのです。

だからといって、サラリーマン金融で「借り過ぎない」のも大事です。

というのも、ブラックリスト入りから解除されても、以下のような制限を受けていることが多いからです。

  • 昔より借入に制限が施されている
  • 借入件数の限界も昔より厳しい場合が多い
  • 最近のローン返済の実績を証明しないといけない場合もある

ブラックリスト入りしてしまうと、どうしても「信用の面では低評価」となりやすいです。

つまり、ブラックはレイクで借りられる?と思っている人は、レイクで大きな借入をされたブラックの人がいても、なるべく最低限でカードローン審査を受けたほうが良いのです。

一般的には、過去にブラックであった人は50万円以上は難しいとされています。これはレイクだけでなく、他のサラリーマン金融や、中小サラリーマン金融と言われているブラック専門の業者でも同じです。

控えめにカードローンを組みたい場合は、「10万円か20万円」で希望借入額を調整しましょう。

将来的には増額審査を受けることで、20万円以上のカードローンを利用できるようになりますので、無理をして初回から50万円付近で審査を受けないで良いのです。

レイクはカードローン審査が甘い部類

クチコミサイトでも有名ですが、サラリーマン金融の中ではレイクが最もカードローン審査が甘い業者です。

というのも、以下のような人でもカードローン審査を通っているからです。

  • 収入が少ないアルバイト
  • 短期間のみ勤務されていたパート
  • 新社会人となって収入を得たばかりのサラリーマン
  • OLといった女性関連の職業に就いている人
  • 過去にブラックであった人

先に言っておきますが、「他に収入があったわけでもない」ので、プラスアルファのような要素は一切ありません。人によっては収入が100万円以下なのですが、レイクで30万円ほど借りられている人もいます。

また、「安定した収入があればレイクを利用できる」と言われていますが、別に収入は勤務によるもののみ認められているわけではありません。

「配偶者に安定した収入がある」、もしくは「土地収入などの副収入がある」場合に、レイクではカードローン契約を認めているのです。

ただ、「ギャンブルなどの一時的な収入」に関しては、高収入であってもカードローン審査では落とされるようになっています。これはレイクだけでなく、他のサラリーマン金融でも同じです。

カードローン審査が厳しいのはどの業者?

カードローン審査を行っている業者の中には、ブラックの人に対して特に厳しい業者も存在します。

具体的には以下のような業者が該当します。

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 信販会社
  • クレジットカード会社

信販会社もカードローンを取り扱っているのですが、基本的に「信用を第一」としているので、ブラックの人は完全にお断りというケースが多いです。

カードローンの審査期間も長いので、先にサラリーマン金融で審査を受けたほうが無難でしょう。

次にクレジットカード会社ですが、クレジットカード会社の場合は「借金返済」のお使いみちを認めていません。

というのも、主にクレジットカード会社の審査が甘い場合というのは、「ショッピング枠のみの利用」だからです。

なので、キャッシング枠を10万円以上(最低額)で追加して審査を受けた場合、通常のカードローン審査より厳しい評価が下りやすいです。

テクニックの1つとして、先にショッピング枠のみで甘い審査の方を受けておき、クレジットカードを持つようになってから、ショッピング枠を利用して信用を高めるという方法は存在します。

レイクのようなカードローン以外でもカードを持ちたいという場合は、そのような方法で信用を高めてから、追加でキャッシング枠の審査を受けてみると良いでしょう。

レイク以外に甘いローンは存在する

ブラックはレイクでしか借りられない?と考えるのは早計です。

今では、クチコミサイトでも以下のようなサラリーマン金融が、レイクに並んで人気となっていますので、PRを確認して検討をしてみるのも大事です。

業者名 PR
プロミス ・高額の借入も検討してくれる
・インターネットから申込が可能
・最短30分以内で審査が終わる
・多様なお使いみちに対応している
・借入額が増額されやすい
モビット ・三井住友銀行グループ
・男女ともに審査で受かりやすい
・インターネットから申込が可能
・お借入診断(※)が用意されている
※数分で審査結果を確認できる
・電話、郵送物なしで審査を受けられる
・初心者に大人気のサラリーマン金融

ただ、レイクには「30日間、180日間」という使い勝手の良い無利息期間が、サービスの1つとして提供されています。

ほとんど損をせずにカードローンを組みたい・・・という人は、サラリーマン金融ではレイクのみ選ぶようにしたほうが、相性的にも損をしないで良いという結論になります。

【参考ページはこちら】
レイクの審査で断られる理由って?

トピックス
ページトップへ